看板犬 「グリ」
看板猫 「とみ」



陶房がある南房総で保護しました
 

HOME  教室の案内 地図体験教室はいかが?薪窯・炎の技&千葉便り鎌倉情報展覧会 情報
生徒さんの作品お申し込み お問い合わせは

2009年 4月27日 窯焚きの準備をしていた時
山から犬の声が聞こえてきました。
時々捨てられる犬がいて(鉄砲を持って猟に来た人が猟犬を
捨てることもあるそうです)何年か前にも子犬を保護した
ことがあります。でも声が悲しそうでこれはただの捨て犬で
はないと思い、山に入ってみました。山に入って2・3分の
ところでワイヤーの罠にかかった犬を見つけました
イノシシ退治の罠です。字を読めない
グリはそれにかかりました。

 噛まれながらようやくワイヤーを
   切り、岩井近くの獣医さんに運びました。
   やさしいお医者さまに会うことが出きて
   グリはうちの子になることになりました。
   怪我はかなりひどく40日余りの入院と
   なりました。



   治療台の上のグリ 保護してから10日後
    ノミ ダニだらけだったのですがきれいに
   洗っていただいて治療は順調 先生が驚く
   ほどおとなしい子です。  グリの由来は
    このあたりの地名の平群(へぐり)から
    もらいました。

入院30日 毎週鎌倉から顔を見に行っていたのですが、先生から外泊のお許しが出て
初めて私たちと二日間千葉の家で暮らしました。人間と暮らしたことの無い野良さんなので
私たちとどうかかわったらいいのか分からないらしく、テーブルの下でじっとしていました
何もねだらず声も出さず、何を考えているのか全く分かりません。でも楽しい二日間でした

6月8日朝グリをお迎えに行きました。40日間一緒に暮らした先生方は少し寂しそうでした。
そして鎌倉へ。でもケージから出ずやっと出てきても椅子の下 テーブルの下 食事以外は
一切出てきません。私たちともコミニュケーションは無し。そんなわけで看板犬への道のりは
かなり遠いと・・・   (手術のために毛を刈られているのがかわいそう・・・)

「 とみ」の物語

陶房の庭にたくさん来ていたノラ猫さんたち(多いときはご飯を昼間に食べにくる子だけで8匹くらいいました)
徐々に減っていきこの子だけになりました。
寒くなる季節を控えもう我慢ができずにうちの子にすることに…
グリと同様、お医者様に褒められる穏やかな子です

     
 シャムちゃんがお母さん          縞々がお父さん           庭にご飯を食べに来ていたころのトミ

お母さんは 私たちが窯を作っていたころ(10年以上前のことです)から来ていました
今年H26の春ごろから姿を見せなくなりました
お父さんも同じころ来なくなりました
野良さんたちには厳しい環境で、生まれた子猫たちが育つのはわずかだったと思います
トミはよく頑張ってくれました

  最近の グリ & トミ


(写真をクリックしてください)

29.9  あまりくっつかないふたりが珍しく
     接近して寝ています
     
     私のベッドですよー



29.5
お・お嬢さま 何というお姿を・・・・
全く緊張感のないトミ
最近はグリとのバトルもうまくかわしつつ、反撃も有り。

29.3
トミはようやく庭に出ても落ち着いていられるようになりました
ごろんごろんは気持ちよさそうです。
トリミング前のぼろぼろのグリ
私が半端に散髪するのでバランスが悪いのです
プロの技は素晴らしいといつも思います


29.1
朝5時 暗闇の庭を見つめるトミ
何の気配を感じているのか
夜が明けても寒いのに出たがるグリ
すぐにギブアップ
トミのテレビ番組の好みはネコ番組だけではないようです
バレーのドキュメンタリー番組で反応してしまいました


28.11
トリミング 終わりました
四時間かかってグリはぐったりです
寒くなったというのに 思いっきりサマーカットです


 28.9
岩合さんのねこ番組が気になるトミ
さわろうとする テレビの裏をチェック
子猫の声と画面にどうしたらよいのか分かりません


 
 28.8

出張してくれるトリマーさん
情けない顔のグリ
仕上がり・・いつもの顔ではない??

千葉の野良さんと2対1で対峙
一応野良さんが引きましたが、家の中でだらけている二人は
根性では負けています


28.7

  最近 二人でお留守番の時は私のベッドが定位置
  絶対にくっついたりしないのですが、平和共存

  下にはそれぞれのベッドがあるので そこにいて
  くれるとうれしい・・・・


  ところで トミは上の写真のように顔と尻尾 手足に
  縞々があり体は真っ白だったのに今はおなかだけ白い
  ちょっとがっかり
 お母さんに似てほしかった



 
28.6
 毎日が穏やかに過ぎていきます。
二人は微妙な緊張感の中、
距離を保っています。


28.5

窯焚きの間全くかまってもらえなかったグリは
なんとなくよれよれでした。
一週間獣医さんに預けたトミは四日間全く
食べなかったそうです。
スリムになって戻りました。
ストレスをためたグリと固まったままだったトミごめんね

鎌倉に戻ってグリはトリミング
お坊ちゃま風になりました。


 
28.3  二人で日向ぼっこ
     トミがちょっかい出すのをじっと我慢のグリ
     この後グリは退散しま
した


28.2.
トミがグリのベッド侵入
ちょっと失礼と言いつつしっかり入り込む
グリは嫌だけれど争いは嫌いなので我慢


28.1
<トミの顔と体形>
 寄り目 短足
ようやく一年たって隠れている時間が
少なくなりました
だんだん心を開いてきました


27.12
四日ほど旅行に出かけて帰ってきました
トミは留守番がつらかったのか、怒っているのか
すぐには近寄ってきませんでした
そして買い物に出かける私たちを見送っていました
二日目からいつものトミに戻りました
グリは留守番の間にトリミングを済ませほっと一息


27.10
外に出たいトミ
鎌倉では玄関が開いていても出ないのですが
さすが古巣の千葉では出たくて出たくて大騒ぎ
飛び出すので油断ができません


27.9
お互いに ご飯が気になる
トミは太りすぎとお医者様に注意を受けました
後姿は堂々としたものです。


27.8
とみ 寝姿
暑くなったら ぐりの寝床を取るのをやめて
なぜかこの引き戸のところがお気に入り
こんな無防備な姿を見せるようになりました


27.7
朝5時の千葉陶房の庭
生き物の気配が満ちている中で
グリは少し哲学的な顔をします

グリとトミが珍しきくっ付いて寝ています
前足をそっとふれあって寝ているのが可愛い・・・・


27.6
グリは時々トミを追いかけて意地悪します

窓の外にくる鳥をじっと見つめるトミ

私たちの食事の時は二人そろっておねだり

27.5
五日間の窯焚きが終わってようやく日常が
戻った二人
たくさん人が出はいりするし、ご飯の時間が
わけが分からなくなるし、グリは疲れました。
獣医さんに預けられていたトミは一週間固まっていて
一度も鳴かなかったそうです
ネコかぶっていたようです



27.4
グりはなんとなくトミが気に入らない
階段でにらみ合い

トミの毛が抜けるので私のシャツを粘着コロコロで
掃除をしていたのですが、トミにコロコロする方が
早いかと思い試してみました。
迷惑そうですがまんざらでもないかもしれません

27.3 トミは毎朝一時間 膝の上でごろごろするのが日課になりました
    寝坊助のグリが起きてくるまでの私との楽しい時間

    グリはようやくトリミングの予約が取れてきれいになりました
    おしりと 足先が可愛くなりました

    セレブ犬になりましたが本人の自覚は全くなくおやつのおねだりは
    かなり厚かましいままです


27.1. 
 二人の関係は 微妙な感じでしたが一か月半たって
  落ち着いてきました。
  グリはお兄ちゃん風を吹かして、ご飯ご飯とうるさいトミに
       「おだまり!」
   ご飯を食べ始めればお互いに人のご飯が気になって 
   目を離すと入れ替わっています。
   あんなにご飯を食べさせるのに苦労したグリが、
   今や大急ぎで食べて完食。      
   グズグズしているとトミが顔を突っ込んで来るので
   気が気ではありません



26.11   
鎌倉へ来ました。
 まだ鳴き通しで、時々落ち着いている    
 こともありますが、ケージの中での暮らしが続きます。
 グリはとても気にしていてケージの外に出てきたトミに
  くっついてみます。 
  うるさいわね!とされると固まってしまいますが
 お互いに認め合っているようです。
 グリ初めてのお友達になれるでしょうか


26.11

 最近は少し進歩して 庭にいられるようになり(食べ物目当てではありますが)
 庭の端まで探索しています。
 向こうの山の中に野良の時は隠れ住んでいたのですが、
 決してそちらに行こうとはしません



26.10
台風の日がトリミングの予約の日でした。短くしていただいて
 一見セレブ犬です
 おやつが大好きで 生徒さんに手でつついて催促します
 この目で見つめられるとみなさん負けてしまって、
 おやつをせしめています




26.8
湿疹が出て痒そうにしているのでお医者様に行きました
飲み薬(錠剤)を頂いたのですが、飲むのを徹底的に拒否します
無理に飲ませると人間?関係が壊れそうになってしまってやめました
塗り薬と薬用シャンプウで治すことに
シャンプーも大の苦手ですがあきらめます
ドライヤーで乾かしたらお終い
私たちもグリもぐったりです
一週間に3回も洗われて、まだ油断はできないので続きます
26.7  ここは2階の廊下。
     パソコンの置いてある部屋から半端に顔を出しています。 
     ここなら2階はもちろん、3階 、1階の私たちの行動がわかるのです 
     じゃま!!と言われながらも頑張ります
26.6   お隣の逗子の花火大会
      グリはご飯を食べていましたが
      ばーんと始まった途端に私の
      ベッドに逃げ込みました
      終わるまでどんなに言っても
      戻ろうとはしませんでした
      鎌倉の花火の時は家が揺れるほど  
      なのでどうなることやら・・・
26.5  窯焚きのために千葉へ
    忙しくて 草刈りができず、グリは草の食べ放題

    お手伝いの人たちが来ているし、かまってもらえないし、
    自分のご飯もいつものように丁寧にしてくれないし、
    つらい五日間でした
    終わったら十分に甘えました

    
 
26.2  トッピング無しでは決してご飯を食べません
     入れてくれるまでじっとしています
     ささみを細かく細かく切って混ぜます
     真剣な顔で待ちます


25.11  ひざの上に乗ったおやつ。
      "待て”と言われて じっと見つめます
      時々"良し"が待てずにフライングもあり、
      口が思わず出てしまい叱られます
 
 
 
25.10  グリの大冒険
       外に興味があります
       よそのワンちゃんが通ったりすると
       姿が見えなくなるのを待ってそっと
       臭いをチェックしに行きます
       かなり緊張はしているようです
       誰か来れば一目散にとび帰ります
25.9  ようやく涼しくなってきました
      夏の間におなかに湿疹が出来たりしましたが   
      おおむね元気にしていました
      食べ終わったゼリーのカップをなめさせてもらいます
      獣医さんにはしかられそうですが・・・・
25.7  あまりにご飯を食べないので先生にお話したところ
    おなかがすけば食べるからと言われていましたが
     血液検査の結果栄養失調とのこと
     私たちはすっかりあわててしまいました
     それからはあの手この手で食べさせています
     なんとも手のかかる子になりました
 
25.6  毎朝仏様にお線香を上げます
     まずおなかを出して散々甘えてから正座
     お参りが終わると小さなおやつを三粒
    "待て”が出来ます
     よだれをたらしながら必死に待ちます

guri7.html へのリンクtougeitaikennwo