>
 千葉だより



HOME 教室の案内 地図体験教室はいかが?薪窯・炎の技&千葉便り鎌倉情報展覧会 情報生徒さんの作品お申し込み お問い合わせは看板犬 ぐり



  薪 窯

足掛け3年の月日をかけて作った穴窯を焚くのを昨年で最後としました。
体力のいる作業を続けるのが困難になりました。
寂しい限りです。

今までたくさんの方に助けていただきました。
私たち二人だけでは決してできなかったことを応援してくださり、一緒に汗を流して
煉瓦を積んでくれた方 つらい窯焚きをともに頑張ってくださった方 よそから来た私たちに
いろいろ教えてくださり助けてくださった地区の皆さん、思いは尽きません。

有難うございました。


南房総市山田というのどかなところに窯を作りました
レンガをひとつひとつ積みあげました。窯はその形から穴窯といいます
窯焚きは五月

たくさんの人に支えられながら熱さと眠気と戦いながらの五昼夜 一週間後の窯出しのドキドキ

釉薬を一切使わず 赤松の灰が作り出す作品は苦労を
忘れさせてくれます


 窯焚き

一日目は窯の外で焚火のようにゆっくりと温度を上げます。あとは1300度目指してひたすら焚き続けます。
五日間焚いたあと窯を閉じる前に、壺を引き出します。煉瓦の箱の中でゆっくり冷まします。
翌日こんなにきれいな姿を見せてくれました。


 

 
5月の窯焚きのための薪が入りました
お手伝いを頼んでようやく終わりました
まだ完全に乾燥していないので一束30キロほどあります 
私は運べないので数を数える担当でした


  


 

 窯出し
10日間冷まして窯を開けました。
不満はいっぱいあるけれど
大変だった窯焚きの苦労が報われる時です

生徒さんの作品はとてもよかったと思います。
(生徒さんの作品ページでご覧ください)

道の駅

山盛りの夏野菜 新米 花 イチジク
うれしくなって買い込んでしまいます
新米は天日干しが出るまで我慢




               



ねこさん

珍しく ご飯を食べに来てくれた しっぽジュニア
トミとお母さんは一緒  きれいなシャムちゃんでした
お父さんは尻尾が素晴らしかった 初代しっぽ
体形はお父さん 白い毛はお母さん
見事に引き継ぎました

うちのトミも白かったのですがお父さん
(しっぽではなく別のしましま)に似て今や
茶色のしましまです




新顔の野良さん
とても痩せていておなかを空かせていました
一気に缶詰3缶食べました


ネコさん(2)

トミを最後に野良さんたちが姿を消していましたが
またまた訪問者が
トミとガラス戸一枚隔てて睨みおあっています
トミは尻尾をポンポンに膨らませて低い声でうなっています

    


HOME  教室の案内 地図体験教室はいかが?薪窯・炎の技&千葉便り鎌倉情報展覧会 情報生徒さんの作品お申し込み お問い合わせは